子供にカギを渡す時、守らせなければならないこととは。

夫婦共働きの家庭であり、なおかつ祖父母などの子供の面倒を見てくれる人がいなければ、子供に自宅の鍵を渡しておかなければなりません。そうでなければ、学童などに預ける必要がでてきますので、なかなか面倒だからです。しかし、子供に鍵を渡しておけば安心というわけではなく、その鍵を渡す際にはいくつかの気をつけるべきポイントや守らせなければならないことがあります。今回はその点について少しお話をしたいと思います。

まず子供は鍵の重要性を知らないことが多いですので、鍵を大切にしようと伝えてから渡すようにしてください。普通に鍵を渡していたのでは、必ずと言っていいほど友達にその鍵を貸してしまったりどこかで無くしてきてしまったりしますので、自宅の安全性が損なわれることになります。もし友達に鍵を貸す行為をされてしまうと、その友達が勝手に自宅にあがりこんでくる可能性がありますし、落としてしまうとその鍵を拾った人間が同じように勝手に自宅に上り込む可能性があります。そうなると自宅の中を勝手に荒らされることが考えられますので、かなり注意が必要だと言えるでしょう。

また、子供は鍵の取り扱いについてもかなり荒っぽい行為をしてしまうことがあります。例えば鍵穴に鍵を突っ込んだ状態で、ガチャガチャと手荒に回してしまったり、鍵そのものに細工を施して鍵穴にさせない状態にしてしまったりするなどです。このようなことをされると、錠前の方もダメになりますので交換や修理の作業にかなり高いコストを支払う羽目になります。

これらのことから、子供に鍵を持たせるときは必ずそれを大切に扱うように心がけること、そして無くしたり誰にも私たりしないようにすることを守らせるようにしましょう。その点だけでも守らせるようにすると、子供に鍵を渡すことによって起こるであろうトラブルを防ぐことができるはずですので、安心して両親ともが家を留守にできるはずです。