合鍵を何気なく作っていませんか?注意すべきこととは?

合鍵を何気なく作っていませんか?合鍵を複製する際に注意すべきことについてですが、鍵を紛失した時のためにということで、合鍵をやたらに多く作ってしまう方がいらっしゃいます。もちろん、合鍵を沢山作ると紛失した時に鍵がない!といった心配は無くなりますが、第三者に合鍵を利用されるリスクも高くなるといえるでしょうね。例えば、玄関の下駄箱の上に合鍵なりマスターキーなりを置いておくと、宅配業者やいろんな訪問者に利用されてしまうかもしれません。しかも万が一、鍵が無くなったとしても合鍵が沢山家の中にあると、無くなったということすら気づかないかもしれませんね。

また合鍵を複製する場合には、マスターキーから合鍵を複製するようにすることが基本なのだそうです。例えば、合鍵から合鍵を複製したという場合には、最初の1本目の合鍵を複製した時点でマスターキーとの誤差が多少なりとも生じるらしいですね。その後、さらに合鍵から合鍵を複製した場合には、マスターキーとの誤差がさらに倍増してしまうという問題があるようですね。おまけに何度も合鍵を複製していると、何度目かの合鍵ではドアが開かないというトラブルが発生するかもしれませんね。あるいはまた、錠前自体が壊れてしまうという可能性もあるでしょうね。中には鍵穴に差し込んだ後、鍵を回す際に鍵が曲がってしまったり、鍵が途中で折れてしまうというトラブルも発生しているようです。もちろん、例え一人暮らしであったとしてもマスターキーだけしかないと、マスターキーを無くした際には大変なことになるので、合鍵を1本くらいは作製しておくことはかまわないでしょうね。また、家族が多いお家にもなると、家族一人一人が合鍵を持って出歩くということも当然あるでしょうね。ただし、合鍵をやたらに多く作るということにもなると、上述したような問題が発生しやすくなるのでその点だけは注意しておく必要があるでしょうね。