我が家は鍵+暗証番号で鉄壁の守り

玄関というと人の出入りが頻繁に行われる場所ですから、かなり厳重なセキュリティを配備しておかなければなりません。なぜならば、人の出入りの中には家族や知り合いだけではなく、場合によっては勝手に鍵を開けて空き巣も含まれている可能性もあるからです。そんな空き巣が勝手に入らないようにするために、うちでは特殊な設備を取り付けることにしました。それはかなり複雑な構造をしている金属製の鍵に加えて、数字を入力することによって開閉をすることができるデジタルキーの二つをハイブリットした玄関です。

この玄関の優れているところは、玄関を解錠するのにかなりの時間がかかってしまうことにあります。空き巣犯というのは玄関を開けるのに時間がかかれば、その家に入るのを諦める傾向にあるそうです。そのため、時間をかければ開けられるかもしれない鍵であっても、これだけ頑丈な二つの鍵を取り付けていることによって短時間の間に鍵を開けることはできずに、結果として空き巣の侵入を防ぐことができます。つまり我が家は鍵+暗証番号で鉄壁の守りであると言えるでしょう。

しかし、この玄関は空き巣への対策としてはかなり大きなメリットを持っている反面、自分自身も非常に開けにくいというのがデメリットとして存在しています。普通に帰宅をした時でも、鍵を差し込んで鍵を解錠してから、さらに暗証番号を入力しなければなりませんので、鍵を開ける時間が一般的な時間に比べて2倍程度の遅さになるのです。ただ、この普段の手間を惜しまないことが空き巣対策に繋がっているのかもしれません。

この鉄壁の守りのお陰か、我が家ではこれまで一度も空き巣被害にあったことはありません。これはたまたまなのかもしれませんが、世の中は結果が全てですから、私としては鍵+暗証番号という二重ロックが功を奏していると考えています。ですので、これからもこの二重ロックという鉄壁の守りを死守していきたいです。